So-net無料ブログ作成
里親制度について ブログトップ

【メリット編】 それでも成猫の里親になることをお勧めします。- 単身/一人暮らしの場合 [里親制度について]

Sponsored Links





デメリットを書いてからずいぶん時間がたってしまいました。

もともとメリットを書きたくて書き始めたものなのですが、時間がたってしまい申し訳ありません。

では、メリット編行ってみましょう。

メリット

1. 健康面の懸念が少ない。

猫も人間同様、小さいときには健康面では注意することが多いです。

変なものを飲み込んでしまったり・・・
ちょっとした温度の調整を間違っただけで体調を崩したり・・・
変なところに入りこんで、出てこれなくなったり・・・
などなど・・・

留守中の飼い主様も気になってしょうがないことでしょう。
気になって会社を休んでしまう人もいるそうです。

しかし・・・成猫には、そのような心配はありません。
いや、かなり少なめです。

おまけに、健康診断や避妊手術もすんでいることが多いため、
そのようなことも考える必要はありません。

image.jpg

2. しつけがされているため問題行動が少ない

猫の保護主様は飼育経験が豊富な方が多く各種トレーニングがすんでいることが多いです。

トイレや爪とぎ、部屋で飼われる場合の立ち回り方などなど・・・

貰われたその日から、できるようになっています。

なので、餌や水、トイレ等を用意さえしてあげればその日から留守番が可能です。

image.jpg

3. 馴染むまでの過程を楽しむことができる。

成猫の場合、しつけや健康面での不安が少ない反面、別の場所で住んできた時間が長いため、なじむまで時間がかかる場合が多いそうです。

目が合ったり、近づいたら逃げるのは当たり前。
うちみたいにハンガーストライキや夜鳴きに悩ませることもあります。

しかし、1週間、2週間と経つうちどんどんと馴染んでくるのがわかるのです。

あ、ご飯食べてくれた。
行動範囲が増えた。
初トイレ! (うちの場合は大きいのが 5 日目。)
触れた。撫でれた。
抱っこできた。(でも、引っ掻かれ、威嚇される。)
ごはんのおねだりされた。

等々、毎日、新鮮な思いに浸ることができます。

うちはもう約 1 か月たってますが、いまだに逃げられます。
触れるのは、キャットタワーにいるときだけ。
抱っこはできますが、暴れます。爪出して引っ掻かれます。

おねだりは、ご飯のときのみというツンぶり。

おもちゃは、一人遊びのみで、いまだに僕と遊んでくれません。

ですが、少しずつ少しずつ馴染んできてくれているのが実感できます。

これも成猫を飼う場合の楽しみの一つかなと最近になって思います。

とりあえず直近の目標は、引っ掻かれずに抱っこできること、
一緒に寝ることを最終目標に日々頑張っています。

以上、メリット編でした。
また追記したいことがあれば随時追記していきます。

image.jpg

image.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ

いつも応援ありがとうございます^^
Sponsored Links





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【デメリット編】 それでも成猫の里親になることをお勧めします。- 単身/一人暮らしの場合 [里親制度について]

Sponsored Links





最初はどうなるか不安でいっぱいだった中、猫のお迎えして早 3 週間。

猫も飼い主もだいぶ慣れてきました。

特に最初の 1 週間は、ご飯を食べなかったり、夜鳴きがうるさくて夜が眠れなかったりと大変だったのですが、今思い返せば、成猫をお迎えしてよかったなぁ。と思っております。

メリットとデメリットを並べてみましょう。

デメリット
まずはデメリットから。

1. 新しい環境に馴染む時間がかかる。
僕も自分の愛猫がそうだったので、いろいろ調べましたが、お迎えして数日ではなじまない子が多いようです。
お迎えして 3 日もご飯食べないのはさすがの僕も焦りました。
他にもトイレをわざと失敗したり、変なところで爪をといだり・・・
といった問題行動する子もいるようです。

当然、すぐに馴染んじゃう子もいるらしいですが、
やはり子猫に比べれば・・・馴染むのに時間がかかる子が多いようです。

うちの子は 3 週間たった今でもまだキャットタワー近辺からなかなか離れたがらずに、部屋全体を歩き回るというほど慣れてはおりません。

image.jpg

2. 可愛い盛りの子猫時代を見れない。
多くの里親希望者が成猫よりも子猫を希望する一番の理由はここではないでしょうか。
僕も子猫は当然飼ったことないですが、子猫の可愛さといったら―――メロメロになりますよね。
猫友の一人が、子猫を飼いましたが、会社を休むくらい溺愛してます。

image.jpg

3. 野良経験が長い猫は脱走リスクが高い。
うちの子は、1歳ですが、推定9ヶ月くらいで保護されているので、野良経験は長いです。
幸いドアをあけても、窓を (網戸付きであけても) 出ようとはしません。
ただ、外を見てるのは大好きのようで、いつもキャットタワーのてっぺんから窓の外を眺めています。
うちの子は、こんな感じですが、やはり外を知っている猫というのはどうしても外に出たがる傾向があるようです。
ゆずのまえも成猫の里親の応募をしたことがあったのですが、きつく脱走対策について義務付けられたことがあります。

image.jpg

とりあえず【デメリット編】 については、この辺で。
また追記したい場合は、更新していきます。

にほんブログ村 猫ブログへ

いつも応援ありがとうございます^^
Sponsored Links





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

里親制度の現実 [里親制度について]

Sponsored Links





さて、2回目の投稿になります。

前回のような理由により、ペットショップで猫ちゃんを購入するよりも里親として今保護されている猫ちゃんを引き取る方が世のため人ならぬ猫のためになるんではないか、おまけに安く猫ちゃんをお迎えできるということで里親として猫ちゃんを探し始めました。

猫の里親の場合・・・

一人暮らしの―――特に男性にいたってはものすごい壁があることが判明しました。
まず里親サイトを見ても、猫の譲渡会にいってもとにかく目につくのは、単身応募不可のマークです。

単身応募可と書いてあっても、女性は可、 男性は不可であったりと、男性の一人暮らしにはかなりやさしくないのが現実です。

ネットを少し検索してみても、単身男性の里親希望者の嘆きや怨嗟で溢れています。

里親募集サイトによっては、単身応募可、不可でフィルターをかけて検索できるとこともあり親切なところもありますが、単身をそこまで区別しなくてもいいんじゃ・・・と思ったりします。

しかし、行動しないと始まりません。

まずは始めてみよう。ということで、単親応募不可と書いてないところから、応募し始めましたが、断られること断られること。
3か月くらいで 14 件連続で断られました。

しかし・・・
何度も応募していく中で、親切な里親募集主さんと仲良くなりいろいろ話を聞くこともできます。

なんでここまで、単身 (特に男性) を区別するのか。

理由を聞いてみました。
1. 留守番が多いこと。
2. 環境に変化があった場合 (結婚や引っ越し等) 、飼育放棄する人がいること。
3. 里親詐欺、転売する人がいること。

3番目は、最近は里親募集主さんも気を付けられているので、特に考えられるのは、1番と2番です。

よく1番を理由にされる方が多いですが、猫は小さな子猫でもない限り、本来留守番ができる動物です。
周りの猫友に聞いてみましたが、家族持ちだろうが単身だろうが、今のご時勢、留守番のない家庭なんてありませんからね。

実際は、2番を気にされてるんではないかなーというのが私の見解です。

でも、そういうのって人によるじゃないですか!
家族持ちの方だって飼育放棄する方もいますし、単身でもきちんと責任をもって猫を飼う方もいます。
正直、人を見てから判断してもらいたいです。

というのが、最初の入り口ではねのけられている単身男性の心の声じゃないでしょうか。

それについても、仲良くなった里親募集主さんと話すことによって理解できました。

里親募集主さんは基本、ものすごく忙しい。のです。
おまけにほとんど無償、もしくは餌代や飼育費、医療費等、持ち出しでボランティアをされている方がほとんどです。
そのうえ、里親募集主さんはたくさんの猫を保護しており、その世話の合間に里親探しをされています。

なので、応募してきた方全員の相手をしていられない。というのが正直な感想なんだと思います。
だから、猫ちゃんを幸せにする可能性が高い家族形態の方を優先する傾向があるのだと思います。

ストレートに言ってしまえば、留守番が多く飼育放棄の可能性の高い (その上、里親詐欺とか転売するような可能性もある) 単身者を除外することによって、里親募集主さんの負担を減らしているんだと思います。

実際に、里親募集主さんとお話しても、みなさんは本当に猫の幸せを考えて活動されております。
一人暮らし男性にとっては悲しいことがいっぱいありますが、それ以上に里親募集主さんたちは苦労されているということがわかってきました。

私も、そういった現実を踏まえたうえで頑張って可愛い猫ちゃんを探していきたいと思います。

にほんブログ村 猫ブログへ

いつも応援ありがとうございます^^
Sponsored Links





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
里親制度について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。